とてもナーバスに歯磨き。

haburasi

歯ブラシ・・・・・

歯ブラシですよ。

なぜこんなにナーバスなのかと言えば、

明日歯医者さんなのです

できれば行きたくない、できれば避けたい・・・それが歯医者

しかし、歯ばっかりは自力で治せない

今回は、治療して詰めた物が外れちゃったので、

行かないワケにはいかない・・・

かれこれ一か月通っていますが、

週1なのでイマイチ進まず。

毎回ドキドキしているワケです

元気に来ているお子様を見て、

「偉いな~」と思いながら深呼吸する待合室。

「綾波(仮名)さ~ん綾波彩さ~んどうぞ~」

呼ばれてビクッとしながら、「はーい」と平静を装う私。

ホントはものすごーく緊張して、足もおぼつかない的な状態

個室なので、何度も何度も深呼吸している姿は他の患者さんには見えない。

目の前のモニターに映し出されている自分の歯のX線写真が、より緊張させる

先生「綾波さん、お待たせしましたーこんにちは」

私「こんにちは~よろしくお願いします」(全然平気っぽく)

そして椅子が倒れ・・・・(恐怖)

シューとが、キーンとか、ゴリゴリとかされるのです。

先生「綾波さーん、大丈夫ですかー?」

私(大丈夫じゃないけど)「はい!大丈夫です~」

とにかく口が小さい私は、長い時間開けっ放しにするのはすごく大変

治療が終わると先生が、

「お疲れ様でしたねーアゴゆっくりほぐしてくださいねー」と言います。

口が小さくて、きっと先生も助手さんもやりづらいだろうな~と毎回思います。

余談ですが、ついでに血管も細いので、採血の時はいつも申し訳なく思います

そんな苦手な歯医者が明日・・・(もう数時間後

がんばれ私。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする